朝ヨガ 注意点

朝ヨガの注意点

最近多くの女性達に大人気の朝ヨガですが
気をつけた方が良いこともあります。

 

より効果を上げるためにも知っておいてください。

 

目が覚めてから、すぐにベッドやマットで行うのではなく
まずはトイレに行って膀胱に溜まっている尿を出し
老廃物を排除してから、ヨガを行うことが重要です。

 

目覚めた時からお腹が空くと言う人もいますが
朝ヨガは空腹時に行うことで効果を発揮するため
朝食はヨガが終わってから、摂るようにしましょう。

 

目覚めた身体に水分補給をすることも大切ですが
朝ヨガが終わった後に、常温の水を摂った方が効果が期待できます。

 

どうしても喉が渇いている場合は、少量の水分または
口に含みうがい程度にしましょう。

 

太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされて
身体のリズムが整うという効果があるので

 

暗い部屋では行わずに、カーテンを開けて
太陽の光をいっぱい部屋に取り入れて朝ヨガを行うようにしてください。

 

身体を冷やしてしまうと朝ヨガの効果は下がります。
特に腹部とふくらはぎは、露出しないような服装でヨガしましょう。

 

真夏は短パンなどで行う人がいますが
なるべく長いズボンとお腹が出ないTシャツなどで行い
効果を上げることを心がけましょう。

 

逆に真冬は靴下を履きたくなりますが
素足の方が良いと言われていますので
足の指1本1本まで意識して行いましょう。

 

肩や首に余計な力を入れないように気を付けながら
正しい呼吸法とポーズで朝ヨガの効果を体感してください。